結納の必須アイテム

10月 1st, 2013 - 

結婚指輪は大切な結婚の証です。
結納はその結婚を約束する正式な儀式です。

指輪交換のシーンは感動的で、女性達の憧れでもありますが、結婚式の場合、キリスト教式や人前式などの種類がありますからその挙式スタイルによって指輪交換のタイミングは異なります。

今日は挙式のハイライトでもあり大事なシーンでもある結婚式における素敵な指輪交換についてお話していきましょう。

まず指輪はリングピローと呼ばれる枕型の台にセッティングされてチャペルの前方、牧師先生や司祭者の前に運ばれます。

これが「ピロー」なのには二人が結婚した後子供を授かった時にこのリングピローを新生児の枕にすると幸せになるという言い伝えがあるからです。

さてこの時親族に小さな子供がいる場合、リングボーイとして新郎新婦の入場前に先頭にたってバージンロードを歩き、リングピローを司祭者の場所まで運んでもらう役目をお願いするケースもあります。

これは幸せを運ぶ天使のような役割で、不馴れながらも一生懸命緊張しながら指輪を運んでくれる姿は列席ゲストからカワイイ!とかなり好評ですね。

思い出に残る結婚式にする為の演出にもなりますのでオススメで、あとは二人が愛を誓い、お互いに指輪を交換すれば晴れて新しい夫婦の誕生になるのです。

Comments are closed.